研究開発担当

東京大学大学院工学系研究科 大澤幸生

対応するリサーチクエッション

「第二波対策」として必要な「感染予測・対策の効果検証」(SIRモデルの代替となるモデルの確立)、「必要な医療リソース(病床・医療物資等)の需要予測と最適配置」


実験A: 段階的解除の効果①

緊急事態宣言からの緩和解①:

コミュニティの内部から段階的に戻す。ただし、内部はもともと高頻度なので2段階(2週間)で戻す

実験B: 段階的解除の効果② リアルに近い自粛期間で

緊急事態宣言からの緩和解

①「段階的に」が重要(一気に解除では自粛なしより悲惨)で、②順序はコミュニティ内から解除することで再拡大を遅らせられる。が、なお高いので③第四波を抑えるワクチンと要併用

実験C:  「段階」の粗さにも注意

緊急事態宣言からの緩和解②

注意!段階分けが粗いと、SWYCの効果が出にくい可能性

実験D:  感染力が早く喪失するなら

感染力喪失を早めれられるなら(ワクチンがここに効くならあるいは早期治療が常に可能ならば)、「段階的に」だけでよい。

コミュニティ内外の順番の重要度は比較的低い