リサーチクエッション1

「分野別ガイドラインの進化」のために必要な「室内気流シミュレーション」、「飛沫の見える化」

目的:感染防止のためのガイドライン策定、オフイスや商業施設、公共空間等におけるウイルス飛散状況のシミュレーションとその検証を可能とし、効果的な感染防御対策の実施を可能とする一連の研究開発と実装展開。

*本資料は、内閣官房が行った「COVID-19 AI・シミュレーションプロジェクト」において、コロナ対策の効果等の分析のため、各研究者がそれぞれモデルを構築して行ったシミュレーション結果等を説明するものです。この資料内で説明されるシミュレーション等の結果については、政府の公式の見解を示すものではありません。